はな保育

園一覧閉じる コンテンツ一覧閉じる

すくすく日記

お月見団子を作りました。

こんにちは。 はな保育園ひろじほんまちです。

朝晩はすっかり涼しくなりましたね。もうすっかり秋・・・

今年の十五夜は10月1日なので、園内でお月見会を行うことになりました。

十五夜とは、秋の美しい月を見ながら農作物の収穫に感謝したり、豊作の祈願をする日といわれてきました。

地方によって異なりますが、お月見団子が丸いのは、十五夜の丸いお月様に見立てているからだそうです。

4、5歳児が、お月見お団子を作ったのでその様子をお伝えします。

 

 

では、早速作っていきます。

白玉粉を使って作ることを説明すると、

 

「こんなに真っ白の粉なんだね!」

 

 

まずは、白玉粉を混ぜます。「ぐるぐる~」「まだこなこなだね」

 

お水を入れていないからサラサラだね~

ここからどんな風に変わっていくのかな??

 

 

水を入れたらさっそくこねていきます。

 

両手を使ってぎゅっぎゅ!!

 

 

僕も力をいれてこねてくよ!

しっかり力を入れてぐっぐっぐ!!!

 

 

 

 

一緒にこねよう!大きい塊になってきたよ

 

 

「やわらかい~!きもちいいね!

 

 

掌を使って丸めます。

「まんまるになーれ!」「お月様みたいになあれ!」

 

 

 

 

「丸めて 丸めて」

 

 

 

「まるくなったよ」

 

 

丸めた団子を茹でます。

 

茹でている間も「これがぼくのだよ!」とひと時も目を離さずじっとみていました。

水に浮かべて冷やします。

 

できたお団子は三方の上に乗せて完成✨

つやつやプルプルのおだんごだよ!

 

 

お団子づくり楽しかったね!おつきさま喜んでくれたかな?