はな保育

園一覧閉じる コンテンツ一覧閉じる
保育士の仕事とはこんな感じ

保育士の仕事とは
こんな感じ

卒園・進級~良い縁を紡ぐ

保育園ではそろそろ卒園・進級、

そして新しいお友達を迎える準備も始まりました。

 

4月からを振り返ってみて、

みなさんのまわりの子どもたちは

どんなことができるようになりましたか。

 

ご自身が担当したお子さんについて

個別に聞かれた時、どれだけ細かく

答えることができるでしょうか。

 

 

きっと乳児担当の保育士さんは

『歩けなかったのに今ではスタスタ歩いています』

『一人でご飯が食べられるようになりました』

『せんせ、ってしゃべりました!』

とたくさん具体的な答えが返ってきます。

 

1年の(月単位で考えても)

成長や発達はめざましいですものね。

 

 

では、4・5歳児ではどうでしょう?

 

時々幼児クラスの保育士さんに質問してみると

『ちょっとはしっかりしたかなぁ』

『大きくなりました』という

かなり漠然とした答えが返ってくることがあります。

 

 

3歳くらいになると一人で自分のことは

できるようになっていますので

目に見えた発達の変化より

体が大きく育った成長に目が行くのかもしれません。

 

言葉で伝えることも上手になっているので

あまり保育士の手を借りることもなくなり、

印象に残りにくいということもありますね。

 

でも本当はまだまだ子どもたちを見てほしい、

わかってほしいと思うことはいっぱいあります。

『〇〇さんは何の絵本が好き?』

『〇〇くんは何ピースのパズルができる?』

『〇〇さんはままごとのとき
  何の役をやりたいって言う?』

『〇〇くんの得意な遊びは何?』 

こんな風に聞かれた時、

答えがスラスラでてくるような

保育士さんでいられたら、さすが!です。

自分自身もうれしいですよね。

 

 

保育士冥利に尽きます。

今、かかわっている子どもたちを2か月後には

送り出す保育士の皆さん。

 

まだまだ間に合いますよ!

子どもを良く知ったうえで

次の保育士さんに引き継いであげることが、

次の『良い縁を紡ぐ』ことになります。

 

さっ。今日からさっそく始めましょう!

じーっと子どもを見てみましょうか☆

『木を見て森を見ず』のおはなし②  ~ときどき『森を見て木を見ず?』のおはなし

前回は、

目の前の子どもだけを見て

全体を見ることができないと

困ることもありますよ、というお話でした。

 

今回はその対極で、

『森を見て木を見ず?』が

おきていることもあるよ!というお話です。

 

 

園では運動会や発表会など

さまざまな行事が行われます。

 

多くのお客様がおみえになる行事ですと

保育士たちの準備も大掛かりなものになり、

その日の進行について何度も

綿密な打ち合わせが行われます。

 

前もっての練習でも、

この進行がうまくいかない、とか

この準備に手間取る、とか

当日までなんだか落ち着かず、

直前には保育士の緊張もMAXの状態になりますね。

 

 

さて、少し視点を変えて考えてみます。

 

保護者の方も

行事を楽しみにしていることにかわりはありません。

 

でも保護者の方が気になさるのは

進行でも準備でもなく、

我が子の笑顔や保育士のかかわり方なのです。

 

うまくできなくても

ニコニコ笑顔で参加する子どもを見ると

保護者の方はそんな子どもの姿に

感動するのではないでしょうか。

 

例えば1本橋を渡る場面で、

途中足を踏み外してしまったとき

『〇〇ちゃん失敗してしまったようです!

もう一度がんばって!』と大きな声で

アナウンスが流れるよりも

 

そっと手助けして見守り、

『〇〇ちゃん、最後までがんばりました!』と

言われたほうがきっと嬉しいですよね。

 

林業の方もすべての木に陽が当たるように

大きな木の枝を伐採することもあるそうです。

 

全体の流れに気を取られて、

ひとり一人の子どもの気持ちに配慮することを

忘れがちなのが大きな行事です。

 

どんな行事であっても

子どもひとり一人の笑顔はまもってあげなくては

行事を行う意味を見失ってしまいます。

 

みんなに陽が当たって、

すべての子がどれだけ輝けたか、

それこそが行事の成功といえるのかもしれませんね。