はな保育

園一覧閉じる コンテンツ一覧閉じる

すくすく日記

小さな秋、見つけた!

こんにちは。はな保育園ひろじほんまちです。

先日まできれいに紅葉していた葉がちりはじめ、季節はすっかり秋から冬になろうとしていますね。

日中は暖かい日もあり、子どもたちは走ったり、落ち葉拾いをしたりして楽しそうに過ごしています。

今日は、川名公園の森の中を探検してたくさんの宝物を見つけた、4、5歳児の様子をお伝えします。

 

 

「あ!どんぐり見つけた!」

 

「ほら、どんぐりのぼうしもみつけたよ!」

「帽子付きのどんぐりもあったよ!」

 

 

 

「なにかみつけた!」

「なんだろう・・・」

 

 

「木の棒がたくさん落ちていた!」

 

「たくさん集めて、立つかな・・・やってみよう!」

 

「どんぐりの葉っぱ、こんなにあったよ!」

 

宝物をたくさん持って帰って、何にしようかな?

 

拾ったどんぐりを茹でで、煮沸します。

「なんだか、茶色のお風呂に入っているみたい。」

 

 

煮沸したどんぐりに可愛い顔を描きます。

「たくさん見つけたどんぐり。どれにしようかな・・・」

真剣な表情で選んでいます。

「どんな顔にしよかな・・・」

「ほら見て!こんなにかわいい顔になったよ!」

「にっこり笑顔、かわいいでしょ!」

「細長い顔もかわいいでしょ!」

 

 

「にっこりどんぐり家族がたくさんできたよ!」

 

公園や、園庭に落ちていた黄色や、赤色の葉っぱも一緒に飾りました。

ゴロンと寝ころんでいるこや、仲良くくっついているこ、なんだかお話しているみたいだね!

 

だるまのように、どっしりとしたどんぐりもいたよ!

ほらみて!木登りしているこも見つけた!

ゆらゆらと帽子のカゴに揺られて楽しそうにしているみたい。

 

いろんな表情のゆかいなどんぐり家族ができました。

たくさんの秋を見つけられて、楽しかったね!