はな保育

園一覧閉じる コンテンツ一覧閉じる

すくすく日記

育てたお米でおにぎり作りをしました!

こんにちは。はな保育園ひろじほんまちです。

今回は、5歳児が育てたお米を収穫した様子をお伝えします。

 

5月に種もみの芽だしをすると、白い芽が出てきました。

 

土を入れたバケツに、種をまきました。

 

 

 

数日すると、葉が出てきました。

 

 

夏になると、どんどん生長し・・・

 

子どもたちの身長くらい、伸びてきました。

 

 

 

穂が実り始めました。

 

 

 

 

 

 

秋になり、穂の先が茶色になってきました。

 

この日は、いよいよ稲刈りをします!

大切に育てた稲・・・

切るのは、ドキドキするな・・・

 

こんなにたくさん収穫できました!

 

 

収穫した稲をスケッチします。

 

<脱穀>

牛乳パックの中に穂を入れて引っ張ると、もみが容器の中に残ります。

 

<もみすり>

すり鉢に、もみ1握り入れ、軟式野球ボールでゆっくり上の方まですりあげます。

  

 

息を吹きかけて、もみ殻を飛ばします。

 

「やった!」お米になっている!

 

こんなに取れたね!

<精米>

玄米を瓶に入れて棒でつき、精米にします。

 

 

 

一粒のお米を観察してみよう!

「おこめって、透明なんだね!」

収穫したお米で、何を食べようかな?

子どもたちに聞いたところ・・・

「カレーライス」「おかかおにぎり」「鮭おにぎり」「卵かけご飯」

たくさんのリクエストが聞けました!

 

 

お米を洗い、給食室で炊いてもらいました。

「お米を炊いてください。よろしくお願いします!」

 

炊けたお米におかかを入れて、おかかおにぎりにしました!

 

おにぎり作り、楽しいな!

「どんな形にしようかな・・・」

「三角おにぎりってどうやって作るんだろう・・・」

 

「できた!おかかおにぎり おいしいな!」

三角や、まる、唇の形など、様々な形のおにぎりができました。

みんなで大切に育てたお米でおにぎりを作ったら、格別に美味しかったね!