はな保育

園一覧閉じる コンテンツ一覧閉じる

すくすく日記

玉ねぎスープ作りをしました。

こんにちは。はな保育園ひろじほんまちです。

立春が過ぎ、春のような暖かい日差しを感じる時もありますが、まだまだ寒い日が続いています。

そんな、寒い日に温かいスープを飲めたら心もからだも温まるね!ということで

先日、4.5歳児が調理員さんと一緒に玉ねぎスープ作りをしたのでその様子をお伝えします。

 

 

まずは、玉ねぎの皮を剥きました。

初めて剥く子もいて、最初は難しそうにしている子もいました。

「どこからむこうかな・・・」

 

 

「小さいけれど、たくさんむけてきた!」

 

「ほら、こんなにおおきくむけたよ!」

 

剥けた玉ねぎは、電解水で消毒し・・・

 

調理員さんに切ってもらいました。

「こんなに小さくなった!」

「たくさん切れてきた!」

 

 

切った玉ねぎの匂いを嗅いでみました。

「なんだか、鼻がツンとする・・・」

「目にしみる・・・」

生の玉ねぎの匂いを嗅いだ感想を教えてくれました。

 

 

切った玉ねぎの先を並べて、

「だんだん小さくなってきている!」と大発見していました。

 

 

玉ねぎを炒めます。

 

 

「だんだん色が白から、茶色に変わってきた!」

 

「さっきは、ツンとした匂いだったけれど、なんだか匂いが変わってきたぞ!」

「ハンバーグの匂いがする!」

「甘くて良い匂い!」

「美味しそうな匂いだな、早く食べたいな・・・」

茶色に変わった玉ねぎにお湯を入れます。

沸騰したら、お塩とコンソメを入れて味付けをします。

 

「おいしくな~れ!」

そろそろできたかな・・・

温度を計ってみよう!

75度以上だったら出来上がり!

「やった!」

美味しそうなスープが出来上がりました!

 

出来立てのスープを給食の時間にいただきました!

「甘くておいしい!」

「お家でも作ってみたいな!」

玉ねぎが苦手な子も、みんなで作ったスープは格別に美味しく食べられました。

こころもからだも温まって嬉しかったね。また、みんなでクッキングしたいね!