はな保育

園一覧閉じる コンテンツ一覧閉じる

すくすく日記

実体験からお話の世界を楽しんで (2歳児)

こんにちは はな保育園せきとりです。 開園してから、もうすぐ一年が経とうとしています。あっという間でしたが、一年間の子どもたちの成長は素晴らしく、驚くことばかりです。

今回は、もうすぐ幼児クラスへと進級する、れんげ組(2歳児)の様子をお伝えします

 

秋頃、れんげ組で“かぶ”の種をまきました それから外遊びをするたびに、“かぶ”の観察が日課となり「大きくなってるよ」 「白いのが見えてる」 「お水をたくさんあげよう」と大切に育ててきました。

そして先日、かぶを収穫しました

「大きい葉っぱだね」 「どれにしようかな~

 

色々な形、大きさの“かぶ”が収穫できました

 

「かぶだよ」0歳児クラスのお友だちにも見せてあげたり

 

「園長先生みてみて~」嬉しそうに見せてみたり

 

お決まりのうんとこしょ…どっこいしょ… 一人でぬいたり、みんなでぬいてみたり

 

収穫した後は、おいしくいただきます

「給食さん、かぶスープにして下さい」 「はい。おいしいスープにするからね

 

 

「これがかぶだよね

 

「おいし~い 最高~」もちろん“かぶの葉っぱ”もいただきました

 

おいしくいただいた後は…

そうだかぶを作ろう

「かぶも、私の服も白いね~」コロコロ…ローラ遊び

 

「くるくるぬりぬり~

 

こちらは緑色 葉っぱのところかな~

 

緑色に染めた新聞紙をビリビリ…やぶいて、貼って…カブの葉っぱが完成しました。

 

そして… ジャジャジャジャーン 大きなカブが完成しました

 

さあ「大きなかぶ」ごっこの始まりです

 

おじいさんが、かぶの種をまきました。

かぶの種も手作りです

 

お水をあげて 「おおきくな~れ」のおまじない すると…

 

「わぁー!こんなに大きくなってる」 おじいさんと、おばあさんでかぶをぬきますが、かぶはぬけません。

 

「そうだ!犬を呼ぼう!犬さーん、てつだってー」

 

犬がやってきて…うんとこしょ、どっこいしょ… まだまだかぶはぬけません。 「怪獣さーん、手伝ってー」              

 

「ガオー!ガオー!」怪獣になりきって登場します。

 

怪獣も猫も一緒にうんとこしょ、どっこいしょ… まだまだかぶはぬけません。

「ピーマンマン手伝ってー!」

 

 

「はーい!」ちゃんと手でマントを表現していますね (←子どもたちの大好きなお話「グリーンマントのピーマンマン」もなぜだか登場です)

 

「ラ〇ンツェルも手伝ってー!」

 

「はーい」お上品に登場して  これでやっと全員そろいました。

 

みんなで力を合わせて…うんとこしょ、どっこいしょ うんとこしょ、どっこいしょ~

 

やっと“かぶ”は、ぬけました 「ヤッター

 

そして…ぬけた“かぶ”は、みんなでお料理をして 美味しいかぶスープにして食べました

 

「スープ熱いからフーフーしてるの

れんげ組オリジナルの“大きなかぶ”は、おしまい

 

かぶを育て、収穫し、調理してもらい、食べる。目で見て触れて、食べたからこそ、イメージが沸いて作った、大きなかぶ。この実体験の感動から生まれていく、お話の世界ごっこ。

あれれ?絵本のストーリーにはでてこなかったよね?というオリジナルの登場人物たち。れんげ組の子どもたちの発想やアイディアがつまった、お話の世界。

4月の頃は、言葉もままならなかった子ども達が一年を通して、友だちと一緒に自分の言葉でお話の世界に入り込み、楽しい時間を共有できるまでに成長してくれました。日々の成長に感動しながら、残りの一か月。れんげ組で過ごす時間を大切にしていきたいと思います。

みんな大きくなったね。