はな保育

園一覧閉じる コンテンツ一覧閉じる

すくすく日記

『もりのおふろ』

こんにちは。はな保育園ひろじほんまちです。

早いものでもう3月も終わりに近づいてきました。

つき組(3歳児クラス)ではひらがなに興味を持ち、自分たちで絵本を読むのが大好きです。

ある日、みんなで『もりのおふろ』を読み終わったら

「みんなでお風呂に行きたいね。」

「温泉もいいね。」と会話が始まりました。

さすがに本物のお風呂は用意できませんでしたが、

段ボールで作ったお風呂を用意したらみんな楽しそうに入っていました。

「気持ちいいな~。」

「10数えてでようか?」

「みんなで入ると楽しいね。」

お風呂に入るだけでなく、体を洗ったりしました。

自分の体だけでなく、お友達の体や頭も洗う姿が見られました。

「かゆいところはありませんか~?」

絵本ではたくさんの動物達が出てきます。

「自分たちも動物になろうよ。」と言って画用紙に自分たちの好きな動物を描いたり、絵本を真似して描いたりしてお面を作りました。

「私は何を描こうかな~?」

「私はうさぎにする!」

「見て見て!可愛く描けたでしょう。」

「羊さんになったよ。似合うかな~?」

子ども達はお友達と交換したりして

「今日はぞうさんになる。」

「どの動物になろうかな~?」

と動物に変身するのを楽しみのようです。

「動物になってもお風呂気持ちいいね。」

しばらく動物になって遊んでいたら

「『もりのおふろ』だから木とか森がいるよね。」

と話をしてみんなで木を描くことになりました。

「どの色で塗ろうかな~。」

「森ができた!」

森が出来るといろいろな発想をする子ども達。

「次はお湯だね。」

いろいろな材料を用意したら子ども達が決めたのはスズランテープ。

今度はお風呂に入ったら水掛けが始まりました。

『もりのおふろ』は大好評で朝、登園してくると「もりのおふろ出して!」

と遊ぶのを楽しみにしています。

お風呂はおままごとでも大活躍!!

「ご飯の前にお風呂に入っちゃって。」

「赤ちゃんお風呂に入れてくれる?」と会話をしながら遊びが広がりました。

1年間でたくさん出来ることも増え、クラス全員で遊ぶ姿が多くなりました。たいよう組になることに期待を持ち、「あともう少しでたいようさんになれるね。」と楽しみにしています。毎日笑顔が絶えないつき組さん。これからの成長が楽しみです。