はな保育

園一覧閉じる コンテンツ一覧閉じる

すくすく日記

絵本ごっこ(てぶくろ)楽しいな♪

こんにちは

はな保育園 せきとり ちゅーりっぷ組(3歳児クラス)です。

朝晩は冷えますが、日中はとても暖かい日が続き春らしくなってきましたね

去年植えたチューリップや、種を蒔いたれんげの花がもうすぐ咲きそうです

入園式にはキレイな花をたくさん咲かせて、お花たちもお祝いしてくれそうです。

 

 

 さて、今回は、“作品展”と“絵本の世界を楽しむ会”の様子をお伝えします

ちゅーりっぷ組の子どもたちは、毎日たくさんの絵本を読み楽しんできました。

その中でも、“てぶくろ”という絵本を見て、ごっこ遊びが始まりました。

 

ウクライナ民話 「てぶくろ」

絵:エウゲーニー・M・ラチョフ

訳:うちだ りさこ

 

「ぼく、かえるやりたい」「わたしは、うさぎがいいなぁ」とその時その時やりたい動物の役になって始めました。

手袋に見立てるのは何がいいか子どもたちに聞いてみると・・・

「ふろしき!」

という事で、風呂敷や布を敷いて遊び始めました。

そうしている内に「お面作りた~い」「ぼくも~」「先生~、色塗りたいよ~」

よし、みんなでお面を作ろう

 

お面作り

 

 

「わたしは この色にしよ~っと

「けろけろ・・・

 

 

「どんな色だったか、見てみるね

よ~く絵を見て色を考えていました。

 

 

「おしゃれぎつねはね、顔の色もおしゃれなんだよ~

 

 

「きばもちいのししが、いいんだ きばって、すごくかっこいいよね

 

 

「はやあしうさぎは、この色にしようっと★」

「ぼくは、絶対ぱんだがいいんだ

ぱんだは絵本の中には出てきませんが、子どもの気持ちを大切にして、登場させることにしました。

それぞれの動物には“くいしんぼ”ねずみ、“おしゃれ”ぎつね、などの言葉が付いているので、「どんなぱんだにする?」と聞くと、「かっこいいぱんだ!!」と決めてくれました

 

できたお面をつけて、さっそく、てぶくろごっこを楽しみました

 

 

始まりの合言葉もみんなで決めました。

 

 

「てぶくろ、みぃつけた!入っちゃおっと

 

 

「おしゃれぎつねよ、私も入れて

 

 

 

「(てぶくろに入っているのは)だれですか?」

「くいしんぼねずみと、ぴょんぴょんがえると、、、」

 

てぶくろの中はぎゅうぎゅうだぁ・・・

「ほんの端っこにしてくださいね

 

 

「ここに入ーれーてー

 

 

てぶくろの中は、ちょっと狭いけど、みんながいるからあたたかいね

気持ちよくて眠っちゃいそう~

 

「ロンディーで、てぶくろつくろうよ

そんな話から作ってみることにしました。

 

「ぼくは、はしご作るね」

 

 

「私、カラフルなちゅーりっぷの花を作るね」

 

 

「ぼくは、雪の積もってる花を作るよ

「手伝ってあげるね」

 

 

「ペグさしでやってみるね。動物がお腹すいた時に食べるさくらんぼ、つくろっと」

 

 

壊さないようにそっと運んでね!!

 

てぶくろと、周りのお花を作ったので、動物たちも紙粘土で作ることにしました。

まずは何色の紙粘土がいるか考えます。

 

「ぼく、黒がほしい」

「わたしは、緑!!」

「口は赤がいいなぁ」

いいね、いいね、と友だち同士認め合いながら、話が進みました

 

 

 

「色をよくまぜようね」

「もみもみするの、力がいるね~

 

 

一生懸命色を混ぜます

 

 

さぁ、作るぞ

 

好きな色を組み合わせて、それぞれの動物を作ることにしました♪

 

「これ、耳なんだけど、くっつけるのが難しいよう・・・

 

 

かえるの、あの開いたような指を再現しています

 

 

「にこにこの、お口にするんだぁ

 

 

「うさぎのみみはね、くたんって(垂れてるように)つくりたいんだ!」

 

出来上がった可愛らしい動物たち

どこか、作った子に似ているような・・・

とっても可愛いです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品を飾ると、こんな感じになりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場には、今までの作品もつづって、置きました

 

 

そして・・・

絵本を楽しむ会当日・・・

保護者の方々が見えて、ちょっぴりドキドキしている子もいる中、「大丈夫。お友だちと手を繋げば、大丈夫だよ」と言ってくれる子がいて、みんなで手を繋いで心を落ち着けてから、始めました。

 

「頑張るぞ!えいえいおー!」

 

 

 

 

 

 

犬に吠えられて、逃げて隠れています。

 

仲良くなった動物たちは、春の訪れを感じて、みんなで“はるがきたんだ”の歌を歌うことにしました

 

 

 

 

 

 

 

 

どの子もすごくいい笑顔&いい声で、本番を楽しむことが出来ました

この経験もそうですが、1年を通してみんな少し大きくなったと思います。

来年の子どもたちの成長も、とても楽しみです

ありがとうございました。